令和4年度開祖忌法要

5月13日に開祖忌法要を執り行いました。

開祖忌法要とは初代師家・宗道臣(以下、開祖)の命日である5月12日前後に、開祖の「志」に思いを馳せ、

遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。

開祖が残されたこの大きな偉業を、次の世代に残していくべく、当日は

一般拳士の準備、推進のもと、年少・一般拳士20数名が参加し、厳粛な中にも粛々と

法要が執り行われ無事終了しました。

またその後もウオーミングアップからいつものように修練が行われ、一般の部の修練後は

クーリングダウンも行い、充実した修練日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!>> いいね! 9人