成長の実感

日々の修練の中ではなかなか気づくことができない「成長」ですが、少林寺拳法は一段ずつ階段を上がるよう修行を積み重ねていくという漸々修学の考えを元に次の級、段を目指して修練しています。試験に合格し允可状をもらうことで、確実に成長できていることを実感できるようになっています。

今年は、W拳士とN拳士の三段合格や小学生、一般級拳士もそれぞれ昇級試験に合格し、一回りも二回りも大きく成長しています。三段の二人はお仕事で忙しい中の修練、特練で大変だったと思いますが、本当によくがんばっていました。それを追いかけるように一般級拳士3人が次に初段目指してがんばっています。道院全体で拳士お互いの成長を見て、それを目標にできることも、よい相乗効果となっていると思います。

大会も「成長」を図る機会の一つですが、先日開催された大会でも拳士たちは「成長」していることを証明してくれました。

運用法の大会は初めての拳士たちですが、精一杯がんばってくれました。メダルには届きませんでしたが、心に残る試合をしてくれました!特に大会は勝ち負けの結果だけではなく、自分の思い通りに試合ができたか、修練の成果が発揮できたかということが大事です。自分なりに感じたことを大切に、次の目標にむかって努力し修練していく、そしてそれが人間としても成長していくということだと思います。

 

そしてもう一つ「成長」が実感できること。小学生から始めた拳士が副道院長の背を抜いた時(笑)。あんなに小さかったのに、、、と本当に「成長」しているなぁとしみじみしてしまいます。

 

少林寺拳法を始めたい方は、子供から大人まで、ご連絡をお待ちしています!見学や体験、歓迎いたします。

親子での方も多いです。友達同士でもOKです。一緒に仲間になりませんか?

*希望者は一般財団法人少林寺拳法連盟やUNITYその加盟団体が主催する大会や行事に参加できます。ただし、別途会費が必要になります。

 

いいね!>> いいね! 13人